冬は基礎代謝が増える

基礎代謝biz

冬は基礎代謝が増える

冬は太るというのはただ食べているから

夏と冬で考えると冬のほうが基礎代謝は高まります。夏は汗をかいたりして代謝が良いはずと思いがちですが、実際は冬の低い気温でも体温を維持しようとする発熱のカロリーが高くなることで基礎代謝が必然的に高まるのです。

冬は太ってしまうから、と毎年思っている方がいますがそれはただ基礎代謝以上のカロリーを摂取しているだけです。そして運動をしていないから。体が燃焼を怠けているわけではないのです。

冬こそ動いて脂肪燃焼

クリスマスや忘年会、新年会など食事とお酒の回数がとにかく増える太る時期。しかし冬は基礎代謝が高いのだからこれに便乗して運動を意識して行うようにしましょう。
すぐに体脂肪が減らずとも、運動の習慣をつけることで体はどんどん良い状態に変化し、代謝効率が上がっていきます

基礎代謝は徐々に高まっていきますので、食べた分多めに動いて基礎代謝アップのための原動力にしていきましょう。

運動して体を暖める

食べて暖房のある室内でゴロゴロでは当然太ります。体温は運動して上げるようにしましょう。特に冬は寒くて体温が下がりがちです。当然そのときに体が自然と温まるように代謝をしてくれますが、ある程度は血行を良くしたり柔軟性を維持してあげることで後押ししてあげるのです。

筋トレも多めにこなして筋肉が増えると自然と基礎代謝が上がるように、体温も上がります。たくさん食べた分、体も元気だと思いますし、冬は張り切って筋トレ強化期間とするのも良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


全身運動のサーキットトレーニング+新有酸素理論をミックスし、基礎代謝を上げるDVDと燃焼サプリ