3食の食事の間隔は空け過ぎないようにする

基礎代謝biz

3食の食事の間隔は空け過ぎないようにする

朝昼晩の食事は必須

仕事をしていても学校や家事が忙しくても朝昼晩の3食の食事は最低限守りましょう。食事をして、それを消化し吸収し、排出することで代謝も使われます。これを怠ることで内臓機能の低下が起こり、そのまま基礎代謝の低下に繋がります。

食事間隔は空けないようにする

食事の間隔が空くと、そのとき空腹を感じます。空腹であることはそのまま血糖値が下がっていくことにもなります。血糖値が下がることで体は危機滴状況にあると判断してしまい、代謝をセーブし始めます。こうなると基礎代謝は高くはならず、下手をすると下がっていきます。

食事は適度な間隔で持続的に食べることが大切で、仕事が忙しくて夕食が夜遅くなってしまう場合もできるだけ早めに食べるようにしたいものです。
また逆に夜遅くなりすぎて食事を取らないようにするとこれもまた飢餓状態と判断して体がセーブモードに。

食事はしっかりと取らないとよくないという典型例です。バランスよくカロリーをある程度計算して3食は食べるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


全身運動のサーキットトレーニング+新有酸素理論をミックスし、基礎代謝を上げるDVDと燃焼サプリ