正しい姿勢を維持して基礎代謝を上げる

基礎代謝biz

正しい姿勢を維持して基礎代謝を上げる

実は正しい姿勢は難しい

正しい姿勢というのは、極端に言えば背骨が曲がっていたりせず、まっすぐ伸びた自然な姿勢です。

しかし実際には猫背だったり、どちらかの脚に体重が偏って立っていたり、座っていても腰を浅く座っていたり、と普通は正しい姿勢わしていないのが多いのではないでしょうか。

正しい姿勢をすると自然と筋肉が動員されて基礎代謝が上がる

正しい姿勢とは以下のようなものです。

  • 背筋を伸ばす
  • お腹を軽く引っ込めるようにして腰のバランスをとる
  • 顎を軽く引いて背骨とのバランスをとる
  • 両足に均等に体重が乗るようにする
  • 肩甲骨をほんの少し意識し胸を張る

これらができている人はTシャツでもビシっとして見えます。見た目にも良いですが、実際にずっとこんな姿勢をしていると疲れてくると思います。なぜ疲れるかというと、普段使っていない筋肉を使って姿勢を維持しているからです。

このように姿勢を維持する筋肉は体の内側にある細かい筋肉で『インナーマッスル』と言われています。このインナーマッスルを自然にキープできるようになるとそのときには一定の筋肉がついていて基礎代謝も上がっています

さらに姿勢を常にキープしていることでの代謝もありますから、正しい姿勢ができるということは良いことだらけなのです。

姿勢が良いだけで血流も良くなりさらに基礎代謝低下を防げる

姿勢が悪いと当然ですが血行が悪くなって凝ってきたり冷え性が発生したりしますよね。血行が悪くなればなるほど体の循環が悪くなって当然ですが代謝が落ちます。せっかくの基礎代謝が100%の状態なっていないということです。

正しい姿勢を維持できればそれだけでも血流がスムーズになって血行がよくなり、今まで悪かったときよりも基礎代謝が上がります

これは歩くときも同様で最大限の代謝を可能にします。正しい姿勢を維持することができると良いことしかありませんね。ぜひ背筋を伸ばして胸を張ってみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


全身運動のサーキットトレーニング+新有酸素理論をミックスし、基礎代謝を上げるDVDと燃焼サプリ