基礎代謝、消費カロリーは人それぞれ違う

基礎代謝biz

基礎代謝、消費カロリーは人それぞれ違う

基礎代謝には個人差がある

基礎代謝はまったく何も動かなくても消費するカロリーですが、人それぞれ個人差があり、バラバラです。

運動や肉体労働をしていて筋肉の量が多い人とデスクワークでほとんど動かない人だと基礎代謝は動いている人のほうが高くなります。特に筋肉が多くのカロリーを消費しますので、筋肉量の差が基礎代謝の差にもなっていきます。

また基礎代謝は内蔵などの消化や吸収、呼吸などの活動でも差が出ます。
体調が芳しくなく内臓系の働きが悪い場合、慢性的であればその分基礎代謝が落ちます。低血圧だったり冷え性など体の循環が悪いと同時に代謝も悪いことを意味するので基礎代謝は下がっています。

このように人それぞれで基礎代謝はまったく違います。

同じ事をしていても消費カロリーも違う

同じ10kmを走ったとしても、人それぞれ消費するカロリーは違います。身長や体重、筋肉量、男女差、年齢などです。
誰もが同じ動きで同じ消費カロリーがあるわけではないのです。

基本的に体重が重ければ重いほどカロリーは多く消費されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


全身運動のサーキットトレーニング+新有酸素理論をミックスし、基礎代謝を上げるDVDと燃焼サプリ